SteamへのガイドやゲームのオススメなどをするWikiです

ゲームの値段について

セールに気お付け!

毎年の夏休みとクリスマスをはじめに、Steamさんは毎年いろいろなセールスイベントを開催するようにしている、




そちらの一番大きいな全体的な二つのセールスイベント以外に、例えば

ハロウィーンの時にあった、ホラーゲームのセールス



夏のコミケの時にあった、日本の同人ゲームのセールス

特に大きいなイベントがないけど、毎週の週末とかにも一部のゲームの割引が存在する、
自分の気に入ったゲームをちょっと高いなと思った時、急いて遊ぶ気分じゃない時、
ウィッシュリストに入れたら、セールの時steamからメールが来るので、
楽しみに待つのも一つの選択として全然あり。

国によってゲームの値段が違う!

Steamは国の経済状況によって、国によってゲームの定価を決める。

上記の図のように、テラリアを例として日本の値段は一番安いロシアと比べたら、なんと倍以上の差が出てくる。
というわけで、もしも日本より安い国に留学/出張している、もしくはその国の支払い手段がある人がいったら、
ぜひその国のもっと安いSteamストアを利用してください!


ゲームの最低値段を検索しよう!


自分の気に入ったゲームの以前の割引情報が知りたい時、こちらのサイトの利用をおすすめします。
steam datebase:https://steamdb.info/

steamデータベースはsteamのいろんな集計データを含めた、機能がすごく良いサイト。
ここでは値段調べの部分だけを紹介します。

,泙坤汽ぅ箸魍いたら、検索欄に自分が知りたいゲームの名前(英語)を入力する。ここはテラリアを例として


△修靴峠个新覯未涼罎納分が知りたいもののAPPIDのところにクリック


そしたらそのゲームの最近一年の値段を図にして表示される


それでそのゲームの一番割引の割合が高い割引率と時期がわかる、
その情報をふまえて、今買うかどうかの判断がつけられるでしょう。

最後に

上記のこういった情報のもとに、自分の気に入ったゲームを最適な値段で買おう!

2時間を意識しよう!

前の返金のページにもあった、返金についての一番重要な条件
・製品のプレイ時間が2時間未満
たまにプレイ時間が2時間超えても返金できた場合もあるけど、でもやはり2時間以内のプレイ時間は返金の基準となる。
たくさんのゲームを買って2時間遊んで返金することさえしなければ、基本は返金できる。

せっかくSteamはそのありがたい機能があるから、たまにある買うかどうか迷っているゲームがあったらぜひ買ってみてください。
その際に2時間を意識してやれば問題ないと思う。
"自分のpcの性能が足りない"、"やっぱり割引を待つ"、"くそゲーの予感がする"
そういった場合は遠慮なく返金を申請しよう!
お金は大事だから!

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます