SteamへのガイドやゲームのオススメなどをするWikiです


基本情報表

ジャンルRPG型デジタルカードゲーム
発売元Mega Crit Games
開発元Mega Crit Games
発売日2017年11月15日
定価¥980円
プレイ人数1人
日本語対応なし
判定★★★★☆
ポイントカードを集めながらモンスターを倒していくゲーム
SteamページSlay the Spire

概要

ローグライクとカード収集を組み合わせた設計で、毎ターン手札の中から限られたコストでカードの効果を選択し、
敵を倒してカードと金とアイテムを手に入れて即席のデッキを作成し、フロアボス打倒を目指します。
モンスター相手なので時間制限はなく、ゆっくりと使うカードを選別できます。かなり中毒性が高く次の戦闘、次の戦闘と止まらなくなるので注意が必要です。

システム


基本的にはドミニオンのようなデッキ構築ゲーム。最初のカードはキャラクターごとに固定、毎ターン +3 Energy で 5 ドロー、Attack|Power|Skill のアクションカードをコストを払って実行する。
カードは敵を倒したりショップで購入することで手に入れる。他のデッキ構築ゲーと一緒で圧縮が重要で、
イベントマスのストアで金払って1枚廃棄したり、特定のイベントで廃棄したりできる。休憩ポイントで各カードは一回だけ強化できる。

ルート選択

3つの階層のボスをすべて倒せば、ゲームクリアです。

どのルートを通るかは選択できますが、一方通行で、戻ったりすることはできません。
それぞれのロケーションは何が出てくるのか決まっているので、好きなルートを選択することができます。以下、ルートの説明です。

ボス(Bossfight):階層ボスです。強力なレリックをドロップしますが、すごく強いです。
エリート(Elite):レリックをドロップします。結構強いです。
敵(Enemy):雑魚敵です。一部の敵以外は強くありません。
休憩(Rest):HPを25%回復するか、カードをアップグレードするか選択できます。
財宝(Treasure):レリックがもらえます。どのルートでも階層ごとに必ず1回だけ通ります。
商人(Merchant):ショップ。カード・レリック・ポーションの購入とカードの除去ができます。
未知(Unknown):イベント・ショップ・雑魚敵・財宝の中からランダムで1つ出てきます。



良い点

  • カードのバリエーションが豊富で、柔軟なデッキ構築が可能。
  • デッキの構築はランダム性が強く、理想の構築が完成した時は非常に強いレベルの爽快感を味わうことが出来ます。
  • 1ゲーム辺り1時間程かかっているので、終わった時の達成感、喪失感は中々のものです。
  • ゲームの更新が頻繁に行うので、完成版のクオリティーが期待できる。

悪い点

  • 2キャラと3ステージのボリュームはやや足りない感じ

まとめ

さすがに2キャラは少ないのだが、それでも30時間ぐらい遊べたし、まだまだやり込めそうではある。自分は30時間ぐらいやった。
追加予定の3キャラ目や、追加のボス、レリックなどに期待しつつ、正式版まで追加要素追うだけでもニヤニヤできそう。
サクサク出来るデッキ構築ローグライクでリプレイ性も高い。おすすめです。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます